しろいるか&恐竜の創作ほりっく

ものづくりのとりこである石上ニモが、創作活動に勤しむブログです。しろいるかや恐竜が大好き。4コマ漫画、ぬいぐるみ制作、小説ほか、あらゆる創作活動を愛しています。

93:作品まとめ(随時更新)

スポンサーリンク

更新履歴

 2020年8月30日:作成

ご挨拶

 みなさん、こんにちは。創作大好き石上です。このページは、石上ニモが描いた作品をまとめたページです。

 ・新しい順にご紹介します。

 ・現時点で公開していないものもあります。申し訳ありません。

 ・kindle版の「あおーっ!しろいるかちゃん」シリーズ以外は、無料で読めます。むしろ、石上がお金を払いたいくらいです。

一覧(新しい順)

 ・中年ヒーロー街を救う ~宇宙にかかる虹~(2020)

 ・道徳戦機ゼンセイダーDX(2020)

 ・しろいるかの大冒険(2019)

 ・あおーっ! しろいるかちゃん①(2019)

作品まとめ

■作品名/完成日/ページ数:

  中年ヒーロー街を救う ~宇宙にかかる虹~ /2020年7月31日 /60ページ

■公開状況

  公開
■サムネイル:

f:id:shiro_iruka:20200801131113j:plain

 

■掲載場所・リンク:

 

rookie.shonenjump.com


■概要:

  某漫画賞に応募するために描いた作品で、始めてのフルカラー読み切り漫画です。今出せる全てのちからを振り絞って描いた作品です。ストーリーづくりを除き、45日前後で完成させました。
  
■見どころ:

  明るく楽しいキャラクターたちの掛け合いが魅力だと思っています。ストーリーの美しさや画力はまだまだ及第点に至りませんが、楽しさという意味では満足しています。

 

■作品名/完成日/ページ数:

  道徳戦機ゼンセイダーDX / 2020年4月26日 / 約110ページ

■公開状況

  公開

■サムネイル:

f:id:shiro_iruka:20200324221046j:plain

 

■掲載場所:

  ・ジャンプルーキー

  ・マンガボックスインディーズ

  ・LINEマンガ(インディーズ) ほか2サイト

■リンク:

https://rookie.shonenjump.com/series/X1vJnKYXkrU

(ジャンプルーキーへのリンクです。当然、無料です。)

■概要:

  全9話。地球に迫る巨大いん石を、スーパーロボットでなんとかしようと奮闘する、男たちの物語です。漫画作品としては2作目、始めての長い漫画です。インディーズサイト5つで、週1回更新の自主連載をやったもので、9週連続更新で完結しました。笑いあり、涙なしの力作です。完結後、作者は体調を崩し、めちゃくちゃ寝込みました。

■見どころ:

  「ギャグが多すぎて、作者が心配」「作者の頭の中はどうなっているのか」「今回も色々と酷かったです!」など、素敵なコメントがたくさん寄せられました。

 

■作品名/完成日/ページ数:
  しろいるかの大冒険 / 初版2019年5月26日・リメイク版2020年1月28日 /33P

■公開状況

  公開

■サムネイル:

f:id:shiro_iruka:20200830210720j:plain


■掲載場所:

  本ブログ内
  
■リンク:

  https://www.shiro-iruka.com/entry/manga2
  
■概要:
  日本のどこかで暮らすしろいるかちゃんが、1000円をもらって遊びにいくお話。4コマ漫画で描いていたいるかちゃんと恐竜くんを、読み切り漫画にしたものです。漫画作品としては始めての作品で、絵柄が気になったので、公開から半年後にリメイクしています。


■見どころ:

  私の創作キャラの中で一番大好きな、しろいるかちゃんの頑張りが見どころです。

 

 

■作品名/完成日/ページ数:

  あおーっ! しろいるかちゃん① / 2019年12月23日 / 56ページ

■公開状況

  kindleで販売中(100円くらい)
    
■サムネイル:

f:id:shiro_iruka:20200830212114j:plain■掲載場所:
  Amazon Kindle / Book☆Walker
■リンク:

■概要:

 本ブログで公開してきた4コマ漫画たちの中から気に入っているものを集め、電子書籍として販売しているもの。たくさん加筆・修正しています。

■見どころ:
  癒やしとは? というテーマを、脳のいろんな部分を使ってたくさん考えました。大・大・大好きな作品です。始めて、私のファンだと言ってくれる人が出た、忘れられない一冊です。一部は、本ブログの中から読めますし、続きもどんどん発行していきたいなと思っています。

 

----------

 以上です。今後とも、石上をよろしくお願いいたします。