しろいるか&恐竜の創作ほりっく

ものづくりのとりこである石上ニモが、創作活動に勤しむブログです。しろいるかや恐竜が大好き。4コマ漫画、ぬいぐるみ制作、小説ほか、あらゆる創作活動を愛しています。

92:漫画賞への投稿を終えて

スポンサーリンク

漫画賞への投稿を終えて

 こんにちは。創作大好き石上です。当ブログで書いていたとおり、漫画賞への投稿が完了しました。その振り返りの記事となります。賞の関係で、完成した漫画はまだ公開できませんが、落選したらWEBで公開しようと思います。

f:id:shiro_iruka:20200801131113j:plain

 

スケジュール

 ●5/23

  漫画賞応募を決意 → ネタを100本考えると決める。

 ●6/1

  ネタ40本でギブアップ。

  40本の中から、一番いいやつを決めて、話をふくらませる。

  →駄作だったので、二番目にいいやつをベースに、もう一度話を作る。

 ●6/8

  一定以上満足できる案ができる。ざっくりの文字起こしで6000字程度。

 ●6/17

  文字をマンガ形式のネームにした結果、94ページになった。

  もともとの想定が50ページだったので、この時点で賞には絶対に間に合わない。

  →話をスリム化しながら線画を描き始める。

 ●6/30

  2度の大幅な改変を経て、ネームが61ページで完成。線画を描きつつ改変していったので、この時点で、線画は15ページまで完成。残り1ヶ月。

 ●7/5

  線画、27ページまで完成。ペースが上がらないことに焦る。

 ●710

  線画、32ページまで完成。

 ●7/17

  線画、48ページまで完成。

 ●7/20

  線画、57ページまで完成。

 ●7/21

  線画、完成。塗りと仕上げに入る。

 ●7/22~7/29

  連休と、会社の有給休暇などを活用し、本当にもうとにかく塗って修正してを繰り返す。筆舌に尽くしがたいというやつで、終盤は「終わらねー!」と爆笑しながら描きまくりました。

 ●7/31早朝

  完成。印刷し、投稿。

 ちなみに、こういうフルカラーの漫画です。

f:id:shiro_iruka:20200801132842j:plain

作業への反省

 

 時間について。ネーム作成までの頭脳労働はなかなか時間に換算できません。ず~っとだらだら考えている感じなので。ここは、息切れがあったので、もっと機械的に案を出せるような仕組みが必要と感じました。改善します。 線画と塗りは、200時間程度(もしかしたら230時間程度)の作業時間でした。うち、線画に120時間前後、塗りに60時間前後、修正ほか雑務に20時間前後、かかったと思います。
 課題は、ペース配分。全体の作業の60%を、線画にかけてよかったのかどうか、ということ。線画はもっとあっさりで進めて、塗りを頑張るとか、そういう方向性があったのではないかということ。あるいは、細々とした修正によるロスが、20時間程度あっただろうということ。これは、工夫次第でかなり圧縮できると感じたので、もっと知識経験が必要ということ。
 最後に、時間がなくなったこと。もう数日あれば、クオリティがもっと上げられたな、と思います。塗りたいところが塗れなかったとか、背景が描けなくてベタ塗りになちゃった部分をもう少し減らせたのに、とか、もろもろです。賞という締め切りがあるので仕方なかったですが、案100個出しで詰まって何も生み出せなかった数日を早めに切っておけば、もっと時間が作れただろうということ。残念です。

良かったこと

 フルカラー漫画は、いるか4コマ系しか描いたことがなかったので、技能の向上と経験の蓄積が明確にありました。これはよかったです。もともと、人間を描いた経験が全然ないので、勉強になることばかりです。

 また、ストーリーづくりについても、参考書籍を分析して、王道的な作り方にチャレンジし、自分なりに手応えがありました。私のストーリーづくりの基礎にできる内容かな、と思うので、非常に収穫でした。

今後

 ① 今回の、ストーリーづくりと漫画作成のノウハウで、同じレベルのものが作れるのかどうか

 ② また、技能向上によって、作業時間はどのくらい改善されるのか

の2点を検証したいと思うので、同じ方法・同じ規模で、もう一本、描きたいと思います。まだ達成感とかが出てこないので、だらけてしまわないうちに次にいきたいと思います。

 

 以上、ありがとうございました。