しろいるか&恐竜の創作ほりっく

ものづくりのとりこである筆者が、しろいるかや恐竜になりすまして創作活動に勤しむブログです。小説、4コマ漫画、ぬいぐるみ制作ほか、なんでも挑戦します。

081:しろいるか4コマ漫画74-75 &ぬいぐるみ新作 &twitter雑記

スポンサーリンク

盛りだくさん!

 時間があいちゃったので、今日は盛りだくさんでお送りします。まずは4コマを2本! ひとつはちょっと前に描いたもの、もうひとつは今日描いたものです。

f:id:shiro_iruka:20191023232216j:plain

f:id:shiro_iruka:20191023232236j:plain

f:id:shiro_iruka:20191023232211j:plain

 

ぬいぐるみ進捗

 前に紹介したトゥースくん(↓)

をベースに、小型化した子を3体ほど作成しました。20cmくらいです。

f:id:shiro_iruka:20191023232223j:plain

 その名も……

 リトルトゥース1号! 2号! 3号! (写真は3号)

 

 ※ リトルトゥースとは?

 敬愛するオードリーさんの超人気ラジオ「オードリーのオールナイトニッポン」のヘビーリスナーのことを、業界用語で「リトルトゥース」と呼びます。由来は、レディーガガさんが自身のファンを「リトルモンスター」と呼称していることに対抗して、オードリーさんも「リトルトゥース」と呼んで遊んでいたらいつの間にか定着してしまった、というもの。私も、いつしかリトルトゥースの末席に名を連ねる者となりました。

 

 ぬいぐるみのトゥースの由来は“歯”なのですが、小さいトゥース型いるかということで、『リトルトゥース』と呼ぶことにしました。

 うちのいるかは大きく2パターンおり、①リアルフォルムと②擬人化フォルムがあります。ずっと①ばかり作っていましたが、この4コマに出てくるいるかちゃんに近いものを作りたいな、と思って、最近は②を作っています。別名、クリオネ型とも呼ばれます。

 今、家にいる全員を集合させて写真を撮ったので、我が家の気狂いぶりを見ていってください。それぞれ、コードネームもあります。実家にいる2匹と、金沢近辺で暮らしている4匹は、コードネームだけご紹介。

f:id:shiro_iruka:20191023232229j:plain

 このブログの草創期、ハンドメイド作品紹介をしていた頃のページはこちら(↓)です。デコやボコたちを作った時の感想などをちょこっと紹介しております。

 作った作った。本当は、トゥース型は、初代トゥースと同じく「ほっぺ」をつけたいけど、難しいので悩み中です。

twitterってすごい(10年前から言われている感想)

 私は、これまた敬愛する出水ぽすか先生をフォローしているのですが、さきほど、私のリプライ(コメント的なもの)なんぞに、ご丁寧に❤をつけてくれました。感動。こんな偉人とSNSで関われるなんて……と感無量です。すごい時代ですよね。

 出水先生といえば、ジャンプの超! 大人気作品で、ノイタミナでアニメ化もされていて、私の大好きな「約束のネバーランド」の作画担当の先生です。

 twitterを見れば分かるのですが、この先生は本物の、、、本物の、、、とにかく本物のお方です。絵の素晴らしさは、私などが言うべきことはなにもない、とにかく大先生なのですが、それだけではない。週刊連載をこなしながら、ほとんど毎日、twitterにオリジナルのイラストをUPしていらっしゃるのです。しかも、めちゃんこかわいくて、美しくて、構図もすごくて、きちんと描き込まれていて、色もピッカピカで……俗な言い方で申し訳ないのですが「見てしまったのですが、お金はお支払いしなくて大丈夫なのでしょうか……?」 そんなことを思ってしまうような、すっごいイラストです。

 「やらずにいられない人」というのがまれに居る、そういうのを天才と呼ぶのだ、と人は言います。そういう意味で、天才、天才、大天才だなァ……と感じます。どの世界においても、こんなすごい熱量の方は、お目にかかったことがありません。

 トップのプロがこんなにたくさん描いているとすると、アマがプロの技量に近づくというのがいかに難しいか、ということは言えそうですよね。小説家などでも、プロは生きるためにものすごい量を生産すると聞きます。プロになってからの方が、量を書くとも言います(当然っちゃ当然)そういう活動量の分だけ、いかに技量が既に高いプロであっても、成長し続けるはずです。そこに追いつくためには、アマに求められる努力量は、気が遠くなるほどのものなのだろうなあと思います。

 

 

 ◎こっちもどうぞ◎

f:id:shiro_iruka:20190420214146j:plain

f:id:shiro_iruka:20190420214143j:plain

 ではでは、お読みいただき、どうもありがとうございました。