しろいるか&恐竜の創作ほりっく

ものづくりのとりこである筆者が、しろいるかや恐竜になりすまして創作活動に勤しむブログです。小説、4コマ漫画、ぬいぐるみ制作ほか、なんでも挑戦します。

065:しろいるか4コマ漫画53 ~料理のさしすせそ~

スポンサーリンク

53作目です

 

  ご無沙汰しております。案の定、50作記念! なんてやかましいことをやった反動で、しばらくエネルギー切れを起こしておりました。でも、心のこもったコメントをあただいたり、応援してますと言っていただいたりして、嬉しかったです。月並みかもしれませんが、そういうお声があってこそ、頑張れるなあと思います。

 

新しい試み

 4コマのフォーマットを、かわいくしました。どうでしょう?

f:id:shiro_iruka:20190728224702j:plain

 

 ちょっと色合いがうるさいですかねえ。背景の色をいつも迷うのですが、

  ・恐竜  :みどり

  ・いるか :白

  ・吹き出し:ピンクや水色

 を使っているせいで、選択肢が狭いのです。青か、黄色か、オレンジか、紫か……。そういう苦悩が詰まった4コマとも言えそうです(そうか?)

 

 ちなみに正答は、ご存知「砂糖、塩、酢、せうゆ(醤油)、味噌」ですね。「せうゆ、というトリッキーな読みを知っているということは、もはや、料理のさしすせそ知ってるだろ」という、恐竜くんのツッコミですね。特に、「せうゆ」「味噌」がすごくトリッキーですよね。さしすしょみじゃん。

 ダウンタウンの松本人志さんが、ガキ使のフリートークで「料理のさしすせそ」の話をする回があります。「成立させられないなら無理してやるな!!!!」と叫んでいた回ですね。まったく、仰るとおり。

 今はもうほとんどなくなりましたが、ガキ使のフリートークは、腹を抱えて笑える回が何十本もありました。下手をすると、漫才のネタよりも爆発的な笑いが生まれます。ダウンタウンだけができる、ひとつの芸術だと思います。「笑ってはいけない」や「すべらない話」など、松本人志さんを代表する番組やコーナーはいくつもありますが、私はガキ使のフリートークが最高傑作だと感じています。

 おこがましいですが、私も松本人志さんのお笑いをたくさん浴びてきて、そのお笑いのエッセンスをいただいているなと感じます(この、しろいるかちゃんの4コマシリーズには、あんまり反映されていないと思いますが)。というか、お笑いが好きな若者で、松本人志さんのセンスの影響下にない人の方が少ないかもしれませんね。松ちゃんリスペクトの芸人や漫画家の作品群に、物心ついたときから、どっぷり漬かることになるわけですからね。

 

 さて。いろいろと新しいことを考え始めておりますが、やっぱり、頭を捻って遊ぶのが性に合っているなと思います。日々、ままならないこと、叫びたくなるようなこともありますが、なんとか凌いでいけたらいいですね。

 ◎こっちもどうぞ◎

f:id:shiro_iruka:20190420214146j:plain

f:id:shiro_iruka:20190420214143j:plain

 それでは、お読みいただき、どうもありがとうございました。