しろいるか&恐竜の創作ほりっく

ものづくりのとりこである筆者が、しろいるかや恐竜になりすまして創作活動に勤しむブログです。小説、4コマ漫画、ぬいぐるみ制作ほか、なんでも挑戦します。

053:しろいるかの動くイラストなど

スポンサーリンク

イラストのご紹介

 こんばんは。今日は、ここのところ描いている、イラストたちをいくつかご紹介します。

ギターをかき鳴らすしろいるかと後ろでぐるぐるする恐竜

f:id:shiro_iruka:20190613234619g:plain

 題名のままです。イヤホンを挿しても、「ジャカジャカ」という小気味よいアコギの音色は聴こえてきません。(「ぐるぐる」という音も、同様に聴こえてきません。)

 

しろいるかが代わりに押してくれるやつ

f:id:shiro_iruka:20190613234625g:plain

 ツイッターの、「リツイート(シェア的なもの)ボタン」と「いいねボタン」を、あたかも押してくれるような感じのGIFです。

 「リツイートといいねを両方押したいとき」というのは、ある投稿にものすごく感動して、作者さんに感謝を伝えたくなるものです。これらのボタンをしろいるかに押させ、ありがとうを言ってもらうことで、めぐりめぐって、最終的には世界がすごく平和になると言われています。

 ちなみに、これらのようなGIFを作るのはけっこう簡単です。10枚くらい描いて繋げるだけです。というか、ギタージャカジャカだけでいうと2枚です。

 

恐竜に身長を測ってもらうシロイルカ

f:id:shiro_iruka:20190613233940j:plain

 このイラストは動きません。動く➔動く➔動かない と来ると、損した気になるのはどうしてでしょうか。

 

 個人的に気に入っているイラストです。ツイッターにもちょっと描いたのですが、イラストのうまい/うまくないというのは、何をもって決まるんですかねえ。

 要素として必要だと感じるのは、

  • 線画のきれいさ、統一感(線画に強弱がついていること)
  • 色のきれいさ、統一感(色彩感覚のよさ、気持ちいい組み合わせであること)
  • リアルさ(あるいは美しくデフォルメされていること)

 みたいなことなのかなと思いますが……。分かりません。

 ツイッターなどで見ていると、うまいイラストは見た瞬間に、うまいと感じる気がします。そのようないいものには、どういう特徴、どういう共通点があるのか。かなり前に紹介したヤングさんの名著「アイデアのつくり方」にも、そういう共通性を見つけることが大事と描いてありました。じっくり考えてみたいですね。描き込みがとにかく多い、というのも目を引きますよね。見た瞬間に入ってくる情報量が多いから、「おおっ!」と思わされるのかな。そういう観点はありそうですね。

 

 あまり面白くないことを描いてしまいましたが、いるかちゃんのGIFのように、どんどんふざけて生きていきたいです。

 

◎こっちもどうぞ◎

f:id:shiro_iruka:20190420214146j:plain

f:id:shiro_iruka:20190420214143j:plain

   では、どうもありがとうございました。