しろいるか&恐竜の創作ほりっく

ものづくりのとりこである筆者が、しろいるかや恐竜になりすまして創作活動に勤しむブログです。小説、4コマ漫画、ぬいぐるみ制作ほか、なんでも挑戦します。

033:しろいるか4コマ漫画17 ~人生ゲーム~

スポンサーリンク

スマホからこんにちはのコーナー

f:id:shiro_iruka:20190509031104j:plain

創作のための雑学4コマ漫画

 今日の雑学テーマは「サイコロ」です! 4コマは「人生ゲーム」です。

f:id:shiro_iruka:20190418230743j:plain

 

 シロ「なんで? 一緒の方が楽しいよ」

 恐竜「助手席が埋まってたら、彼女を乗っけられなくなっちゃうでしょ?」

 シロ「そっか。降りて」

 恐竜「・・・」

 

 後日談を考えるのも楽しい。自惚れになりますが、連日描いてたら、ちょっとずつ上手くなってきました(当社比)。

サイコロの研究

 それでは、創作のための雑学研究です。「サイコロ」について思うことや、調べて知ったことをつらつらと書いていきます。

  • サイコロ、賽(さい)、ダイス 。卓上遊戯や賭博等に用いる小道具で、乱数を発生させるために使うもの。乱数というのは、ざっくりいうと「次に何が出るかわからない数字」「ランダムな数字」のこと。
  • よく、ゲームマニアの間で使われる「乱数調整」という言葉についても少し。小難しい話ですみません。興味なければ読み飛ばしてください。
  • 「乱数」というのは、「ランダムで予想できない数字」を指すけれども、コンピュータはあくまで計算に基づいて値を算出するので、「完全にランダムな数字を、なんかいい感じで出しておくれよ」という命令は受け付けてくれない。なので、専用のプログラムによって「あたかもランダムに出ているっぽい感じ」で、擬似的に「乱数」を作り出させている。これが「擬似乱数」。この「擬似乱数」は、それっぽく作り出された乱数であるがゆえに、調整(≒予想したりすること)が可能ですよ、という理屈。これが「乱数調整」の概念。
  • 日本製のサイコロは、「1」の目が赤く着色されていることが多い。これは、100年くらい前に、和歌山県のサイコロ製造業者が、日の丸をモチーフに「1」の目だけを赤色にして売り出したら大流行したため。いつしか、日本のスタンダードになったのだそうです。
  • サイコロの目が出る確率は、理論上、それぞれ6分の1。しかし、一般のサイコロには数字が彫られている。その分、重心が傾き、理論上の確率がそのまま出るわけではない。重心の傾きを考慮すると、最も出る確率の高い目は「5」となる。とはいっても誤差のレベルであり、実用性があるとは言えない。

  • ただし、別の活用法はある。例えば、このことを知識として持っている人間は、この事実に基づいて、「5」を重視して行動する可能性がある、と予想できる。「サイコロ振って、なんの目が出ると思う?」と質問してみて、「う~ん、5かな?」なんて答える人間は、このことを知っている可能性大。であれば、よっぽどの雑学好きだったり、賭け事のマニアだったり、数学オタクだったり、そういう性質の人間である可能性を考慮すべきだろう。(だからなんだ?)

  • その上で、「なんで5だと思うの?」という意地悪な質問をぶつけてみても面白いかもしれない。もし「なんとなく……」などと誤魔化して、「重心がね……」という話をしてくれなかったとしたら、その人は相当の秘密主義者であるかもしれない。あるいは、自分が嫌われているだけかもしれないが。

  • サイコロといえば、さくまあきらさん制作の「桃太郎電鉄」がやっぱり面白い。昔、ゲームボーイの「桃太郎電鉄」(バージョンは忘れた)にハマって、ずーっとやっていた気がする。物件、投資、収益、決算など、完全に意味を理解せずにやっていた。でも、今思えばゲームボーイやスーパファミコンを通して、脳が発達したような気もしている。
  • ゲームには、大人の言葉や言い回しがよく出るけど、当の大人はゲームを毛嫌いしていて、解説してくれることは少ない(今の大人は、生まれたときからゲームがあった世代だから、そんなことはないのかな?)昔、ゲームをしていると親がちょっと不機嫌になって、大変気まずかった。その経験から、「自分の体験していないものや理解の及ばないものについて、よく分からないからといって否定するのはやめよう」と考えるようになった。「老い」のひとつのかたちだと思う。
  • サイコロといえば、一つ前の「オードリーのオールナイトニッポン」でも、「すべらない話」で関係でサイコロの話に触れた。サイコロ運に恵まれない若林さんの名言、「サイコロ出ろぉ~~~~!!!!」の話を誰かとしたい。とにかくしたい。オードリーのラジオは、本当に面白いんです。

 ということで、頼まれもしないのに人気芸人の宣伝をしてみたところで、今日のブログはお開きです。ありがとうございました。

 

◎こっちもどうぞ◎

f:id:shiro_iruka:20190420214146j:plain

f:id:shiro_iruka:20190420214143j:plain