しろいるか&恐竜の創作ほりっく

ものづくりのとりこである筆者が、しろいるかや恐竜になりすまして創作活動に勤しむブログです。小説、4コマ漫画、ぬいぐるみ制作ほか、なんでも挑戦します。

024:しろいるか4コマ漫画13 ~聞いてたよ~

スポンサーリンク

いつも好調なわけがない

 今日は、とても天気がよく、良い一日が始まるかと思ったのに、仕事では朝からイライラさせられっぱなし。どんよりした気持ちで家に帰りました。そういう日は、心が湿気ってしまっているのですかね。うまく情熱の火がついてくれません。こんなにも、燃えたいと思っているのになあ。

 でも、4コマを描いているうちに、まあいっか、ゆるっと頑張ろう、という風に思えたりするものです。イルカと恐竜に支えてもらう日々です。

f:id:shiro_iruka:20190409222617j:plain

 4コマのタイトルにちょっとした意味がある、というのは、好きな構成のひとつです。シロイルカちゃんは、シロイルカちゃんなりに考えて回答してくれているのです。(ちなみに、ホッケ雲というのは、ありません。念のため)

 頑張っていかねばなりませんね。

「ネームできる講座」に惹かれている

 宣伝? っぽくなるので書くか迷ったのですが。「ネーム」という漫画の設計図的なものを勉強する講座があるのを知り、行ってみたいなあと思っています。

nametank.jp

coubic.com

 最近、漫画の原作、というものをやってみたくて、自分なりに研究しています。暇さえあればそのことを考えているような毎日なのですが、ネームの本格的な勉強はしたことがなく、また、まともな漫画作品を描いたこともありません。そういうレベルでなので、受講者の評判を読む限り、学べることが多いだろうと感じます。

 一方で、そこそこあがいてからの方が骨身に沁みて学べますよ、という講座っぽい感じもします。

 最初から素晴らしい道具を手にしてしまうと、その道具の素晴らしさに鈍感になってしまう(他の道具と比べて、どこが優れているのかを体感しにくい)のと同じく、最初から素晴らしい講座を受けてしまうと、イマイチ自分のためにならない気がします。創作活動というのは、得てして失敗して当たり前のものであり、ズタボロになって、その中から自分なりのやり方を確立していくものだ、と私は考えています。そういう意味で、せっかくのズタボロになる機会を、いたずらに逸してしまうかな? とも思います。(マゾヒスティックが過ぎるのだろうか?)

 とりあえずは、「下手でもいいのならひとまず書けはするだろう」と思うので、当面は自分なりにあがいてみようかなと思います。失敗することも含め、創作の道中を、じっくりと楽しんでいけたら最高ですよね。(受講料:税抜き4万円がえぐすぎる、というフトコロ事情もあります。えぐっ)

 それでは、おやすみなさい。

 

◎こっちもどうぞ◎

f:id:shiro_iruka:20190420214146j:plain

f:id:shiro_iruka:20190420214143j:plain